KKKをぶっ飛ばせ

KKKをぶっ飛ばせ

究極の逆襲に絶賛の嵐!映画史上空前のリベンジ・バイオレンス巨編がついに日本上陸! 70年代に封印された黒人によるKKK皆殺し事件を完全映画化! あまりにも過激すぎて全米で上映中止! 今年、もっともセンセーショナルな1本
					- HORROR DNA・タランティーノを超えた! - Bloody Flicks 4月22日公開『KKKをぶっ飛ばせ』公式サイト。封印された黒人によるKKK皆殺し事件を完全映画化。『ゲット・アウト』『アス』を超える衝撃!映画史上空前のリベンジ・バイオレンス巨編がついに日本上陸!
TOCANA

『ゲット・アウト』『アス』を超える衝撃! 白人至上主義の秘密結社KKKに兄を喰われ、姉をレイプされた弟が究極のリベンジでレイシストどもをブチ殺す!!封印された黒人によるKKK皆殺し事件を完全映画化! 今、世界で最も数多くの過激なジャンル映画を量産し、世界に発信しているイギリスのインディペンデント映画界から誕生したニューウェイブ・バイオレンス・ホラーの最新作! あまりにも過激で壮絶なバイオレンス描写に全米各州で劇場公開が見送られる一方、その痛快なまでの大殺戮が多くの各国のホラー映画サイトで絶賛を浴びている禁断の問題作がついに日本のスクリーンを直撃する!!

1971年テネシー州。無実の罪で刑務所に入れられたブランドンは脱獄に成功し、姉のアンジェラに助けを求めた。アンジェラは兄のクラレンスと共にブランドンのもとに駆け付け、彼を郊外の廃牧場で匿うことにする。 だが、その地域は白人至上主義結社KKKが活発に活動している場所で、特に黒人を捕らえてその肉を食べることを趣味とする異常な一派の拠点でもあった。やがてブランドンとその兄弟は捕らえられ、兄は喰われ、姉はレイプされてしまう。ブランドンは監視の隙をつき、逆襲に転じると姉を救出、怒りを爆発させた姉弟は、自分たちにひどい目を遭わせた奴らへの壮絶な復讐を開始する…。

出演はこの映画でスクリーン・デビューを果たした期待の新人ディオンドル・ティーグル、『スパイダーマン:ホームカミング』のフェイス・モニーク、「デビアスなメイドたち」のトラヴィス・カットナー、『スイング・ステート』のトーマス・マーク・ヒギンス。製作、監督、脚本、共同撮影、編集は、全世界注目のイギリスのニューウェイブ・ジャンル映画スタジオ〈ダーク・テンプル・モーションピクチャーズ〉を率いる『インターセプター 地底迷宮のデスレース』『カニバル・レザーフェイス』の鬼才チャーリー・スティーズ。 本作はイギリス映画だが、撮影は危険を顧みず全編KKK発祥の地、アメリカのテネシー州で行われた。

ページトップへ戻る